クウォリティの高い材料

  • 2010/07/21(水) 18:43:19

社章について。製作・仕上げ・用語社章作製の材料>クウォリティの高い材料


社章の作製できる材料は以前の生地で一部ご紹介しておりますが

丹銅製や真鍮製は一般的で価格も抑えられている材料になりますが

丹銅製や真鍮製よりワンランク上の材料として純銀製がございます。



純銀はよく装飾品・アクセサリーにも使われる材料でその名の通り

銀色をしております。


この材料を使うメリットとしましては、七宝やトギエポ製の場合入れた

色がきれいに表現できる。丹銅や真鍮製に比べると若干明るくなります

また、裏側に純銀という刻印もされますのでご使用になられる社員様も

ご満足いただけると思います。


社章の材料・・・真鍮製

  • 2010/07/20(火) 21:46:05

社章について。製作・仕上げ・用語社章作製の材料>社章の材料・・・真鍮製


社章の作製できる材料に真鍮という材料がある

価格で言うと丹銅製と同じ価格になりますが真鍮材料を使用する場合は

メッキのみの仕上げ
もしくはいろ入れの場合はトギエポ仕上げになります。

七宝の場合は七宝を入れた後焼き上げるのですが材料の伸縮率の違いで

真鍮製には七宝は入りません。


仕上がりには特に差はございませんが使い分けをしています。