メッキの種類(ロジウムメッキ)

  • 2012/09/06(木) 16:55:12

トップページ > 用語解説 > メッキの種類(ロジウムメッキ)


ここ数回の記事では社章やピンバッジに関する用語の説明・解説をUPさせていただいておりますが今回は以前の金メッキ加工についてやニッケルメッキについてに引き続きロジウムメッキをご紹介させていただきます。


【ロジウムメッキ】

ロジウムメッキの見た目はニッケルメッキに非常によく似ております。(メッキで加工する社章の販売サイトはこちら)一般的に言うと「銀色」になるわけですがニッケルメッキで仕上げたバッジと並べて比べますと多少白っぽい色になります。何が違うかと申しますと単純に見た目が綺麗だということ、ロジウムメッキ仕上げを別名でプラチナメッキやプラチナ仕上げという職人や販売員もいるほど綺麗な発色があります。そして強度(耐久性がある)があります。通常ニッケルメッキは1層に対しロジウムメッキはその上に加工しますので合計2層になります。しかしあくまでもメッキですので表面に金属がミクロン単位で付着しているだけですので劣化はございますが比べればニッケルよりも長持ちさせることが出来ます。

当サイトカテゴリ材料についてでご紹介させていただいておりますがどんな材料にメッキを施しても仕上がりは同じですので材料による差はございません。


関連記事


クウォリティの高い材料
金張仕上げとは?

メッキの種類(ニッケルメッキ)

  • 2012/08/18(土) 14:35:50

トップページ > 用語説明 > メッキの種類(ニッケルメッキ)


先日は用語解説カテゴリの中で金メッキについてをご説明させていただきましたが今回は銀色のメッキで比較的多く使われるニッケルメッキをご紹介させていただきます


【ニッケルメッキ】

ニッケルメッキはこちらのサイトでも説明がありますが耐食性に優れ硬さや柔軟性においてとても性質が良くそして様々な材料に直接施しても密着性が優れております。そのため、装飾効果と合わせて防腐効果も狙っためっきと言えます。社章においてニッケルメッキを施す場合はメッキ加工前に下処理をしてからになります。艶を出す部分は極限まで磨き上げそして艶を消す場合にはホーニングという作業でざらざらに荒らしてからになりますがこの磨きと荒らしの組み合わせで陰影を出す仕上げもございます。



関連記事

種類いろいろ
管理の仕方・方法
バッジの仕上げ

メッキの種類(金メッキ)

  • 2012/08/08(水) 09:00:32

トップページ > 用語解説 > メッキの種類(金メッキ)


社章やピンバッジなどほとんどのバッヂの仕上げはメッキ加工を施してあります。その理由としましては品質向上や劣化の抑制になりますが貴金属などの装飾品はメッキ加工を施してないものもございます。金属だから必ず施してあるとは限りませんが社章やバッジには必ずといってよいほど加工します。そこで今回はメッキの種類とその説明をさせていただきます。


【金メッキ】

その名の通り金色のメッキです24金の材料を使うと地金自体が金色なのでそのままでもよいのですがやっぱり金メッキを施した方が発色がよいといいますか綺麗に仕上がります。(メッキ仕上げの記事はこちら)社章の場合、材料は真鍮や丹銅を使ったり様々ですがダイレクトに金を施すことはありません。なぜなら直に金を施しますと発色が悪くあまり綺麗に見えないからです。そのため、多くは下地にニッケルという素材を施してからその上に金を施します。ニッケルは発色のよい銀の色をしておりますのでその上に金を付けるととても発色が良くまた、ニッケルと金の2層になるため大変丈夫で変色しにくくなります。



関連ページ


デザインについて
作成数について
裏付属について
複製