社章を勲章として表彰の記念品に使う方法

  • 2013/01/19(土) 17:57:33

トップページ > 使い方・使用方法 > 社章を勲章として表彰の記念品に使う方法

こちらのブログでは基本的な使い方として会社の顔となる社章(襟元や胸に付ける)としてご説明やご案内をさせていただいておりますが、以前の記事「永年勤続記念の表彰に使う社章」でもご紹介させていただきましたが表彰のアイテムとしても十分効果がございます。先日は永年金属表彰についての使い方でしたが今回は表彰全般についてご説明させていただきます。

色や個数で受賞内容を決められる表現豊かな社章

社章は同じデザインでも色や仕上げによって雰囲気を変えることが可能です。もちろん豪華に見せたい場合や落ち着いた雰囲気にしたい場合など細かい部分で仕上げを変えることが可能です。その特性を生かし表彰の順位を仕上げの違いで変える方法を取り入れ記念品にします。例えば、最優秀の成績者には「金仕上げ」をそして優秀賞には「銀仕上げ」を取り入れるなど見た目ではっきり分かりなおかつ色で順位を付けます。この方法は記念品の場所も取らずそし本来社章を作っているのならばその原型を利用しコストを抑えながら作ることも可能です。(表彰のテクニックについてのサイトはこちら

また、色や見た目を変える方法の他に個数を増やすという方法がございます。この方法は受賞する事にお渡ししもらった個数で評価がわかるという仕組みです。この場合本来ある社章と仕上げを変えるのがポイントでまた作成する際に受賞の年度、日付などを記載して作成するとなお記念に残るかもしれません。

関連記事


バッジの使い方は発想次第。
永年勤続記念の表彰に使う社章
階級の認定バッジ
表彰用のバッジ

バッジの使い方は発想次第。

  • 2012/10/23(火) 23:02:26

トップページ > 使い方・使用方法 > バッジの使い方は発想次第。

社章やバッジの使い方は以前の記事「永年勤続記念の表彰に使う社章」や「階級の認定バッジ」、「表彰用のバッジ」でご紹介させていただきましたがそのほかにも色々な使い方がございます。使い方に特に決まりはなく発想次第で色々なアイテムにかわりますので今回はそのいくつかの例をご紹介させていただきます。

1)パーティーの参加証明書として
2)イベント企画のノベルティとして

1)のパーティーの参加証明書として・・・

とある企業の記念パーティーで招待状と一緒にその企業のロゴマークをもとに作成したバッジを同封し当日のパーティで付けて着ていただくという企画です。付けてきていただくことによって参加者としての証明になり、また有名なブランドロゴマークなので付けているかたもモチベーションが上がるといったアイテムになっており非常に有効的な使い方かな?と個人的には思います。その時に仕上げとして採用されたのはこちらの仕上げです。

2)のイベント企画のノベルティとして・・・

この使い方は以外にも多く類似したバッジでピンバッジを使われる場合も多い。社章やバッジ、ピンバッジの境目は特に明確になっている基準はありませんが社章とは別にイベント用にデザインしたバッジを使います。また、バッジデザインの中にイベント名などを入れ社章とは違う位置ずけにします。バッジをオリジナルにするほかパッケージや台紙、ケースに印刷したりオリジナルにするという方法もございます。

今回は2つの例をご紹介いたしましたが他にも発想次第で色々ないアイテムにかわりますので思いついたらまたご紹介させていただきたいと思います。

永年勤続記念の表彰に使う社章

  • 2012/10/10(水) 22:40:08

トップページ > 使い方・使用方法 > 永年勤続記念の表彰に使う社章

社章は本来会社の顔として営業や業務において身分の証明するものであり会社の存在感のアピールという意味もございますが役職や地位、技能階級などの認定バッジ素材を効果にし表彰用のバッジとしてもお使いいただけることは依然ご説明させていただきました。しかし使い方といては他に社章の裏側に文字を入れ記念の社章を作成することもできます。今回は永年勤続表彰用のバッジについてご説明させていただきます。


裏側に勤続年数を入れて作成する。

永年勤続表彰の場合は何年勤続したかが評価の対象となり「勤続●●年」という表示が重要になってきます。その年数を社章の裏側に社章と一体になるように裏型を使い作成します。毎年分裏型を作るのも良いですが裏型にもコストがかかりますので5年ごとや10年ごとなどの一定期間ごとの裏型を作成し社章を作成するのがよいかもしれません。その際の裏型の文字は非常に小さくスペースも小さい為最低限の文字数で作成されるのがよいかもしれません。

勤続年数によって材料を変えるのもお勧めです。

永年勤続表彰は勤続年数により評価を与えるもので5年より10年、10年より20年と長ければ長いほど評価が高くなります。そこで上記で述べましたように勤続年数を入れ込むのも方法ですが材料を高価にするのも方法です。真鍮製だったものを純銀製や18金製そして24金製、プラチナ製など勤続年数により高価なものに変えて作成する・・・これは裏に材料の刻印がされますので受賞者も喜ばれると思いますし収納ケースに記念の文字を印刷すればさらに印象の深い賞品ができあがるかと思います。

関連ページ


クウォリティの高い材料
社章の材料・・・真鍮製
社章をプラチナで作る
一般的な社章の材料

階級の認定バッジ

  • 2012/09/26(水) 21:58:52

社章について。製作・仕上げ・用語 > 使い方・使用方法 > 階級の認定バッジ

社章は本来、社員のスーツなどに取り付け会社の一員としての証明証的な使い方が基本でした。しかし先日の記事「表彰用のバッジ」でもご紹介させていただきましたがスーツに着けるだけの使い方ではなくその他の使い方も多く見受けられます。そこで今回は階級の認定用としての使い方をご紹介させていただきます。

階級や役職そして技術者認定でもお使いいただけます。

認定の証明書としての使い方として大きく3つの方法がございます。

1)階級ごとにデザインを変える
2)階級ごとに色を変える
3)階級ごとに同じデザインで数を変える

1)の階級ごとにデザインを変える方法ですがこれはその階級ごとのイメージに合わせたデザインで数種類作る方法です。たとえばベースのデザインは同じで星の数を変えてデザインをするなどでその階級が一目でわかるようにします。次に2)の色を変える方法ですが、これはデザインを統一し金・銀・銅など見た目の色を変える方法です(社章・バッジの階級を分ける仕様はこちらが参考になります)
3)の同じデザインで数を変える方法ですがこれは自衛隊やアメリカの軍隊などが取り入れている方法でご存知の通り肩や胸などに星の形のバッジを増やしてゆく方法です。社章のデザインでこの方法を取り入れますとちょっとうるさくなりますので星の形や丸型で小さく作り増やしてゆきます。このように認定証としての使い方も多くございます。接客のお仕事などはバッジの個数で定員のランクがわかりますので定員のモチベーションアップにもつながるかと思います。(他に認定証として木製楯(盾)がございます。)

関連ページ


社章をあえて作らないという会社
社章を付けた社員は?

表彰用のバッジ

  • 2011/10/20(木) 08:26:25

社章について。製作・仕上げ・用語 > 社章・バッジの使い方 > 表彰用のバッジ


会社様でよく表彰式を見受けられます。社内表彰はいろいろな種類がありますが営業表彰や永年勤続表彰などが多いのではないでしょうか?そんな表彰式を盛り上げるのが表彰状や表彰楯、表彰用のトロフィーです。これらの記念品は表彰本人の記念になる事はもちろん、飾っておいてその後の本人の励みにもなります。

そんな表彰記念品ですが、最近では社章とは別にバッジを表彰記念品にお使いになる会社様が多くなってきました。その使い方は、常に身につけていられるので周りの社員様にアピール出来ること。金・銀・銅のバッジを作りそのバッジが何個付いているかで周りの方がその方の成績が一目でわかります。

社員にとってはプレッシャーが強くなり社員同士が競いあい結果、会社の売上が上がる・・・そんな傾向がみられるようです。
社章とは別のデザインでシンプルにメッキ仕上げなどでバッジを作成し表彰用としてのバッジをお考えになるのも良いかもしれません。


関連カテゴリ


社章の種類
社章の仕上げ